~ダイエット特集~その6

『ケトジェニック』

糖質・炭水化物を極力減らした食事法でケトン体回路という緊急時用エネルギー回路の脂肪と筋肉を分解してエネルギーに変える身体の作用を利用したダイエット方法。

この食事方法ずーっとやってる人います。

やばいですよ?病気にもなるし、体に負担もかかるし、そもそも脂肪をエネルギーとして効率よく使われるような身体じゃないですからね。私たち人間は。

脂肪より糖質の方がエネルギー効率は数倍良いです。となるとそんなに続けていてもエネルギー還元効率が悪いので必然的に身体はポンコツ状態ですよね。まぁ一時的なダイエットとしては良いと思いますけどね。

アメリカのダイエット雑誌では、ケトジェニックダイエットは最下位にランク付けされています。その理由として医師のコメントは、短期的効果は得られるが、継続したその先に見えるリスクを考慮した場合、健康的とはいえないからである。と、答えている。

ちなみに、糖質・炭水化物を極力控えるケトジェニックですが、高タンパク質・高脂質の食事は発がんを高めます。ケトジェニック自体は短期的に見れば、ダイエット効果があり良いものと捉えることはできますが、長期間にわたり継続的に行うことは様々なリスクを負うことになります。ケトジェニックが健康と勘違いしている人はがんに着々と近づいていますよね。それから便秘にもなりやすいですね。炭水化物に多く含まれる食物繊維が不足します。ちなみに食物繊維は心疾患等に効果的とされています。

短期的で一時的な効果しか得られないダイエットはおすすめできません。

『本気なら、2ヶ月でいい』なわけww

本気なら数年かかります。ですが、健康にもなれてストレスなく続けられます。トレーニングはきついものばかりではありません。1番重要視すべきは[健康]です。どんなにスタイル良くなっても歳とってガタガタになってしまう身体では意味がありません。

ちなみに私はかれこれ5年近くウエイトトレーニングはしてません。自重で機能的トレーニング重視でゆる〜くやってます。誰でもきついのは嫌ですよね。たぶん笑

ケトジェニックやろうとしてる。長期間続けている。なんて人はやめた方がいいかもしれませんよ。結婚式があってどうしてもこの日までに痩せたい!なんてことじゃなければバランスよく食事してダイエットに励みましょう!

~ケトジェニックのメリット・デメリット~

メリットとしては短期的であればダイエット効果がある。

デメリットとしては長期的なダイエットとしては向いていない。病気のリスクがある。疲れやすい。ということです。炭水化物に含まれる食物繊維は心疾患等の予防に働くとされています。それから高脂質・高タンパク質の食事は発がんの恐れがある。腸内環境を悪化させ免疫・肌荒れなどの代償も出てくる。疲れやすい原因としては糖分をエネルギーとして動く人間にとって効率が悪い。糖質を取らないことによって起こる緊急時用エネルギー回路のケトン体回路。これを利用したものがケトジェニック。もう一つ緊急時用エネルギー回路として糖新生というものがあります。これが筋肉を分解してエネルギー生成をするものです。筋トレをしている人には辛い効果ですね。筋分解がされているということは常に破壊されていて糖の吸収がない限り回復の見込みがありませんので疲れやすい身体になってしまうということです。

有名人がやってるからとか、効果がすぐ出るからといって情報に惑わされないようにしましょう。


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近眠れない。っていう悩みをお持ちの方。

自粛期間を得て、睡眠のお悩みを持つ方はものすごく増えていると思います。悩みを抱えたままお仕事に取り組まれている方も多いのではないでしょうか。 そんな方々のためによく眠れるように 睡眠の質を上げるためにすることをご紹介させていただきます。 1つ目は日を浴びること。 自粛期間に家の中で過ごす機会が増えると、日の光を浴びることもなくなる事があると思います。日の光は体内時計をリセットしてくれます。朝起きて

オフィスワーク・在宅ワークの腰痛

座りっぱなしの腰痛の原因とは何か。 座りっぱなしで起きる腰痛の原因は、股関節が曲がり続けている事による、股関節の前面の筋肉が緊張し、骨盤の可動域を制限してしまっている状態にあります。適度な緊張を保ち、骨盤をバランスよく保ってくれている股関節の前の筋肉ですが、本来。可動域があるような方でも、座った時間が多い事にあり、適度な緊張が保てなくなります。骨盤の左右差が生じてしまったり、骨盤の後傾ができなくな