~ダイエット特集~その4

『数字』

女性の皆さんは特に数字を気にしますよね。

体重・体脂肪・ウエストなどなど

まぁ数字も大切なんですけど一番信用できるのは見た目だと僕は思ってます。

なぜそう思うか。

体重に関しては脂肪よりも筋肉のほうが重たい。

同じ体積だとしたらマッチョの方が重たいってことですよね。

体脂肪に関してはきちんと測ることができない。

ジムなどに置いている体組成計などありますよね。環境・測り方によって数字が変わってきます。信憑性があまりないってことです。

体重なんかも女性であれば月経によって数キロ前後したりもしますからね。

体重が増えた減ったで一喜一憂しないのが正解ですかね。

結局は自分の満足する見た目になれるかどうかですね。

モチベーションという意味で体重測るのはまぁまぁ・・・。笑

なぜ数字に囚われてはいけないか

根本的部分として体積に対しての重量は脂肪よりも筋肉のほうが重いです。同じ体積の人でも肥満体型の人よりもマッチョの方が間違いなく重いです。これらを考えても体重を気にする必要は無いことが言えます。

肥満度の指標として体脂肪率を気にしますよね。特に女性。女性にとって適切な体脂肪率をご存知でしょうか。20〜25%くらいが適切とされます。それ以上体脂肪を落としてしまうとどうなるか。月経周期の乱れなどの代償がでてきます。健康的とは言えませんよね。10%代に乗るようなことがあるのであればそれはもうアスリート並みです。やった!アスリート並みの体脂肪だ!とは喜べません。不健康のレベルまで達しています。あくまで指標として捉えるよう心がけましょう。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近眠れない。っていう悩みをお持ちの方。

自粛期間を得て、睡眠のお悩みを持つ方はものすごく増えていると思います。悩みを抱えたままお仕事に取り組まれている方も多いのではないでしょうか。 そんな方々のためによく眠れるように 睡眠の質を上げるためにすることをご紹介させていただきます。 1つ目は日を浴びること。 自粛期間に家の中で過ごす機会が増えると、日の光を浴びることもなくなる事があると思います。日の光は体内時計をリセットしてくれます。朝起きて

オフィスワーク・在宅ワークの腰痛

座りっぱなしの腰痛の原因とは何か。 座りっぱなしで起きる腰痛の原因は、股関節が曲がり続けている事による、股関節の前面の筋肉が緊張し、骨盤の可動域を制限してしまっている状態にあります。適度な緊張を保ち、骨盤をバランスよく保ってくれている股関節の前の筋肉ですが、本来。可動域があるような方でも、座った時間が多い事にあり、適度な緊張が保てなくなります。骨盤の左右差が生じてしまったり、骨盤の後傾ができなくな

スクワット講座

スクワットの代償としてよくあるのが膝の痛み! ではなぜ起こるのか。 膝の構造を見てみると、半周ほどしかないネジのような構造をしています。 直立した際にガッチリとハマるように構成されています。この作用をスクリューホームムーブメントといいます。人間は筋肉で重さを支えているのではなく、骨で支えています。直立しているときにきちんとハマるようにできている膝ですが、膝が曲がったときに大きな負荷がかかってしまう<