~ダイエット特集~その3

『トレーニングとダイエット』

どんなトレーニングがいいの?って疑問に思う人がたくさんいると思います。

そんな人たちに効率の良い方法をお伝えします。

短時間でなるべく多くのカロリー消費をすることが効率がいいと言えます。

となると、どんなトレーニングを選ぶべきか。

めちゃくちゃ簡単にいうとデカイ筋肉のトレーニングですね。

でかい筋肉ってどれ?ってなりますよね。

筋肉の大半を占めているのが下半身です。上半身のトレーニングばかりをするよりは下半身のトレーニングをがんばった方が痩せるんですね。

でもお腹痩せたいから腹筋頑張ってる。

腹筋がんばったからってお腹は痩せません!

では効率の良いトレーニングとはどのように?

効率的なトレーニングとして

スクワット・ブルガリアンスクワット・ランジスクワット・ジャンプスクワットなど!

大腿骨(太もも)付近についている筋肉が大きくダイエット種目として効率的であると言えます。でも脚太くしたくない。という女性が多いと思います。安心してください!太くなりません!筋肥大をする上で様々な栄養素などありますが女性と男性とで特に差がある男性ホルモンが必要となります。クロスフィットトレーナーのAYAさんをご存知でしょうか。毎日のように激しいトレーニングをしていて高重量を扱っているにもかかわらずかなりの細身です。女性は筋肉がつきづらいという特徴があるのです。

また、お尻のトレーニングとしてピップスラストやヒップリフトなどがありますが大臀筋の使い方について理解を深めなくてはなりません。ただ鍛えれば良いというものではありません。どういう使い方が正しいのか。大臀筋の筋発揮のタイミングとして着地の瞬間に一番筋発揮されます。となるとヒップスラストは良いトレーニングとは言えないと思います。後半にかけて近発揮をするようなトレーニングは機能的とは言えません。無意味な使えないただのでかいケツになってしまいます。でかいケツだけの人にはなりたくないですよね。歩行やランニング動作に似た着地の瞬間に類似した筋発揮の仕方でトレーニングをすることが望ましいです。なぜトレーニングをするのか。その上効率が良くて役に立つトレーニングはどのようにしたら良いか。少しでも健康で元気であって欲しい。このように私は日々クライアント様と接しています。感謝です。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近眠れない。っていう悩みをお持ちの方。

自粛期間を得て、睡眠のお悩みを持つ方はものすごく増えていると思います。悩みを抱えたままお仕事に取り組まれている方も多いのではないでしょうか。 そんな方々のためによく眠れるように 睡眠の質を上げるためにすることをご紹介させていただきます。 1つ目は日を浴びること。 自粛期間に家の中で過ごす機会が増えると、日の光を浴びることもなくなる事があると思います。日の光は体内時計をリセットしてくれます。朝起きて

オフィスワーク・在宅ワークの腰痛

座りっぱなしの腰痛の原因とは何か。 座りっぱなしで起きる腰痛の原因は、股関節が曲がり続けている事による、股関節の前面の筋肉が緊張し、骨盤の可動域を制限してしまっている状態にあります。適度な緊張を保ち、骨盤をバランスよく保ってくれている股関節の前の筋肉ですが、本来。可動域があるような方でも、座った時間が多い事にあり、適度な緊張が保てなくなります。骨盤の左右差が生じてしまったり、骨盤の後傾ができなくな

スクワット講座

スクワットの代償としてよくあるのが膝の痛み! ではなぜ起こるのか。 膝の構造を見てみると、半周ほどしかないネジのような構造をしています。 直立した際にガッチリとハマるように構成されています。この作用をスクリューホームムーブメントといいます。人間は筋肉で重さを支えているのではなく、骨で支えています。直立しているときにきちんとハマるようにできている膝ですが、膝が曲がったときに大きな負荷がかかってしまう

©2019 by Personal Trainer/Motoki Hasegawa。Wix.com で作成されました。