~ダイエット特集~その1

『カロリー』

ダイエットを決意してまず気にするのがカロリーですよね。

摂取カロリーよりも消費カロリーが多ければ痩せるのは当然。

ですが、過度な食事制限は禁物!栄養失調になりかねないので危険です。

ダイエット目的だったのが逆効果パターンも。

食べなければ痩せますが、食べない期間が長いと身体は危険を感じエネルギーを溜めようとするのでむしろ脂肪がつきやすくなってしまいます。そんな体になってしまうのは嫌ですよね。なのできちんと食べながら健康的に痩せるようにしましょう。

痩せるためにはどうすれば?という事なんですけど

摂取カロリーを消費カロリーが上回れば良いんです。

ということはたった10kcalでも確実に痩せるんです。と考えるとダイエットもそこまで辛いものでもなくなります。少し食事を気をつければなんてことはありません。誰でも痩せることができるんです。短期ダイエットが主流ですがリバウンドするのがオチです。急激に身体が変われば危険を察知しエネルギーを溜め込もうとします。

太りにくい体を作るには時間をかけてダイエットに臨んだ方が遥かに効率的です。

時間をかけて脂肪たっぷりの痩せにくい身体が出来てるのと同じで時間をかけて急がず丁寧にダイエットに励めば太りにくい健康な身体が出来上がるわけです。

本気なら2ヶ月でいい。わけないんですよ。

本気なら1年2年3年とゆっくり時間をかけるべきです。

急がずストレスのない心身ともに健康的なダイエットをしましょう。

~カロリー計算の仕方~

脂肪1キロのカロリーが7200

例えば1ヶ月に1キロのそ脂肪を落としたければ1日あたり240kcal多く消費する。または食事から引くなどして調整する。正し、食事の場合は全く同じ生活運動量のまま継続しなければいけないのでかなり縛りがありるので難しいと思います。食べ物だけでダイエットすることはやめましょう。

減量時のカロリー計算としては徐脂肪体重×30〜35が目安

徐脂肪体重の求め方は体重(100ー体脂肪率)÷100

減量時には当たり前ですが筋肉の増加等は見込めないので理解の上実行しましょう。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近眠れない。っていう悩みをお持ちの方。

自粛期間を得て、睡眠のお悩みを持つ方はものすごく増えていると思います。悩みを抱えたままお仕事に取り組まれている方も多いのではないでしょうか。 そんな方々のためによく眠れるように 睡眠の質を上げるためにすることをご紹介させていただきます。 1つ目は日を浴びること。 自粛期間に家の中で過ごす機会が増えると、日の光を浴びることもなくなる事があると思います。日の光は体内時計をリセットしてくれます。朝起きて

オフィスワーク・在宅ワークの腰痛

座りっぱなしの腰痛の原因とは何か。 座りっぱなしで起きる腰痛の原因は、股関節が曲がり続けている事による、股関節の前面の筋肉が緊張し、骨盤の可動域を制限してしまっている状態にあります。適度な緊張を保ち、骨盤をバランスよく保ってくれている股関節の前の筋肉ですが、本来。可動域があるような方でも、座った時間が多い事にあり、適度な緊張が保てなくなります。骨盤の左右差が生じてしまったり、骨盤の後傾ができなくな