睡眠

簡単には語れない睡眠。ですが、睡眠の質を下げるような生活習慣を皆さんは知らずに身に付け実施し、眠れなくなり、外的要因だと思い込み、精神科などに通い薬漬けになるという自己責任であるはずなのにそこに気付けもせず周りのせいにするなんてことも。ストレス性のものもあるので全てではないですが、自分の生活習慣を見直す必要があります。

まず、概日リズム。これは日の出と日の入にかけてホルモンが変化していく流れになります。1日は24時間ですが人間の1日の体内リズムは25時間です。1日ずつ1時間ずれていきますが、それをリセットしてくれるのが陽を浴びることと胃に物を入れること。必須アミノ酸であるトリプトファンは陽を浴びることにより午前中をメインに幸せホルモンと呼ばれるセロトニンに変わります。セロトニンに変わるときVB6、VD、Mg、ナイアシンなど様々な栄養素を必要とする。セロトニンから夜にかけて睡眠ホルモンのメラトニンに変わります。メラトニンに変わるため光刺激のない暗い環境を作る。過度な肉食を食べないなど。行わなければならない。

午前中から日中は交感神経優位にするために運動をし様々な代謝に働くマグネシウムを摂取すり。夕方以降は副交感神経を優位にするため、入浴、発光するものを見ない、カルシウムを摂取など。

これらだけではないが、最低限のことも理解せず、実行せずにいる人たちが多いということ。

一番問題なのは、これらを理解していないパーソナルトレーナーがほとんどということ。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近眠れない。っていう悩みをお持ちの方。

自粛期間を得て、睡眠のお悩みを持つ方はものすごく増えていると思います。悩みを抱えたままお仕事に取り組まれている方も多いのではないでしょうか。 そんな方々のためによく眠れるように 睡眠の質を上げるためにすることをご紹介させていただきます。 1つ目は日を浴びること。 自粛期間に家の中で過ごす機会が増えると、日の光を浴びることもなくなる事があると思います。日の光は体内時計をリセットしてくれます。朝起きて

オフィスワーク・在宅ワークの腰痛

座りっぱなしの腰痛の原因とは何か。 座りっぱなしで起きる腰痛の原因は、股関節が曲がり続けている事による、股関節の前面の筋肉が緊張し、骨盤の可動域を制限してしまっている状態にあります。適度な緊張を保ち、骨盤をバランスよく保ってくれている股関節の前の筋肉ですが、本来。可動域があるような方でも、座った時間が多い事にあり、適度な緊張が保てなくなります。骨盤の左右差が生じてしまったり、骨盤の後傾ができなくな

スクワット講座

スクワットの代償としてよくあるのが膝の痛み! ではなぜ起こるのか。 膝の構造を見てみると、半周ほどしかないネジのような構造をしています。 直立した際にガッチリとハマるように構成されています。この作用をスクリューホームムーブメントといいます。人間は筋肉で重さを支えているのではなく、骨で支えています。直立しているときにきちんとハマるようにできている膝ですが、膝が曲がったときに大きな負荷がかかってしまう

©2019 by Personal Trainer/Motoki Hasegawa。Wix.com で作成されました。