知って得する~糖質編~第4弾

ダイエットといえば糖質制限!

今回は糖質制限について書きましょう!

なぜ糖質制限をするのか。太りたくないからですよね。糖質は太るという認識があるからですよね。なぜ太るのか。そしてどんな目的があって糖質制限をするのか。

一般的な糖質制限は糖質を抜く。どちらかというと制限ではなくカットですね。カットすることによってどんなことが起こるのか。

大きく2つのことが起こります。1つ目は「糖新生」といって筋肉を分解してエネルギーを作る。トレーニングを常に頑張っている人であればあまり良くないですね。2つ目は「ケトン体回路」といって脂肪を分解してエネルギーに変える人間の緊急時用のエネルギー回路です。糖質カットや断食はこの2つ目の効果を狙ってやるわけですね。

脂肪を燃焼してくれるのでダイエットとして効果的なのは事実なのですがあくまで緊急時のエネルギー回路なので身体に負担はかかりますよね。健康的ではないので長期間の実施はおすすめしません。ダイエットに効果的ではありますが効率的ではありません。脂肪は1kg7200kcalあります。この脂肪を簡単にエネルギーに変えられるように人間の体はできていないんですね。エネルギー変換効率が良ければ何も食べてなくてもフルマラソン余裕で走りきれますよね。でもできないんです。人間は糖をエネルギーとして働く生き物なので。

それから人間にはホメオスタシスといって平均値みたいなものが存在します。急激に身体に変化が起こると戻そうと働くんですね。となると長期間糖質を取らない生活を続けていると次、糖質を摂取したときに溜め込もうとするので太りやすくなります。つまりリバウンドしやすくなってしまいます。これらを防ぐには、糖質カットをせずに健康的に食事をしながら痩せた方が効率が良いということです。

結果的に、短期ダイエット・糖質カットではなくきちんと食べながら運動して健康的に痩せた方がリスクが少なく体重や体型の波がなくキレイに痩せていくってことですね。

情報過多な世の中で騙されずにいきましょう!


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近眠れない。っていう悩みをお持ちの方。

自粛期間を得て、睡眠のお悩みを持つ方はものすごく増えていると思います。悩みを抱えたままお仕事に取り組まれている方も多いのではないでしょうか。 そんな方々のためによく眠れるように 睡眠の質を上げるためにすることをご紹介させていただきます。 1つ目は日を浴びること。 自粛期間に家の中で過ごす機会が増えると、日の光を浴びることもなくなる事があると思います。日の光は体内時計をリセットしてくれます。朝起きて

オフィスワーク・在宅ワークの腰痛

座りっぱなしの腰痛の原因とは何か。 座りっぱなしで起きる腰痛の原因は、股関節が曲がり続けている事による、股関節の前面の筋肉が緊張し、骨盤の可動域を制限してしまっている状態にあります。適度な緊張を保ち、骨盤をバランスよく保ってくれている股関節の前の筋肉ですが、本来。可動域があるような方でも、座った時間が多い事にあり、適度な緊張が保てなくなります。骨盤の左右差が生じてしまったり、骨盤の後傾ができなくな

スクワット講座

スクワットの代償としてよくあるのが膝の痛み! ではなぜ起こるのか。 膝の構造を見てみると、半周ほどしかないネジのような構造をしています。 直立した際にガッチリとハマるように構成されています。この作用をスクリューホームムーブメントといいます。人間は筋肉で重さを支えているのではなく、骨で支えています。直立しているときにきちんとハマるようにできている膝ですが、膝が曲がったときに大きな負荷がかかってしまう

©2019 by Personal Trainer/Motoki Hasegawa。Wix.com で作成されました。