睡眠の質を上げるためにすること3つ

よく眠れない。あまり疲れが取れない。そんな悩みが最近は増えてきているのでは無いでしょうか。様々な電子ツールや都心などですと一日中明るい状態が続いてますよね。長期間発光物を見続けると目も疲れますし脳が処理しきれなくて脳疲労も起こしてきます。前も書いたかも知れませんが江戸時代の365日に浴びる光刺激を現代人は1日で浴びていると言われています。身の回り、生活習慣の中で対策を取るべきであると言えます。だからと言って光を浴びないためにカーテンを閉めて引きこもるのは間違いです。陽を浴びることで骨の生成もしてくれますし体内時計のリセット、幸せホルモンの生成。たくさんいいことがあるんですね。それから当たり前ですけど興奮状態にいては眠るなんてことはできません。リラックス状態になければなりません。落差を生むために日中に交感神経を高めておく必要があります。

まとめて3つ

・朝起きて陽を浴びる(午前中30分から1時間が望ましい)

・日中運動を行う(リズム運動、歩行、ランニング等)

・夜は発光するものは見ない(スマホ、PC、暖かい色の電球にする)

もっと様々な要因はありますが、最低限この3つで睡眠の質は上がるでしょう。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近眠れない。っていう悩みをお持ちの方。

自粛期間を得て、睡眠のお悩みを持つ方はものすごく増えていると思います。悩みを抱えたままお仕事に取り組まれている方も多いのではないでしょうか。 そんな方々のためによく眠れるように 睡眠の質を上げるためにすることをご紹介させていただきます。 1つ目は日を浴びること。 自粛期間に家の中で過ごす機会が増えると、日の光を浴びることもなくなる事があると思います。日の光は体内時計をリセットしてくれます。朝起きて

オフィスワーク・在宅ワークの腰痛

座りっぱなしの腰痛の原因とは何か。 座りっぱなしで起きる腰痛の原因は、股関節が曲がり続けている事による、股関節の前面の筋肉が緊張し、骨盤の可動域を制限してしまっている状態にあります。適度な緊張を保ち、骨盤をバランスよく保ってくれている股関節の前の筋肉ですが、本来。可動域があるような方でも、座った時間が多い事にあり、適度な緊張が保てなくなります。骨盤の左右差が生じてしまったり、骨盤の後傾ができなくな

スクワット講座

スクワットの代償としてよくあるのが膝の痛み! ではなぜ起こるのか。 膝の構造を見てみると、半周ほどしかないネジのような構造をしています。 直立した際にガッチリとハマるように構成されています。この作用をスクリューホームムーブメントといいます。人間は筋肉で重さを支えているのではなく、骨で支えています。直立しているときにきちんとハマるようにできている膝