生活習慣~睡眠編~第6弾

更新日:2020年3月24日

『呼吸』

自律神経に唯一アプローチできるのが呼吸とも言えるくらいとても大切なものです。

上手に呼吸できてない人が多いのではないかと思います。

大切なことは腹式呼吸で腹式呼吸によって副交感神経が優位な状態にしてくれます。

逆に胸式呼吸では交感神経優位な状態になりやすいです。

まず腹式呼吸の正解は?

安静時の理想的な呼吸は諸説ありますが仰向けの状態で胸とお腹が同じだけ上下することが理想的とされています。同じ高さになるのではなく高低差の値が一緒になるということです。みなさん仰向けになって試してみてください。きちんとできる人は少ないのでは?

ここで呼吸に使う筋肉を紹介します。

吸う筋肉の代表的なものが横隔膜・肋間筋。吐く時に使うのが腹筋群(腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋・腹横筋)となります。

しかし、吐く時に使う筋肉は常時使ってるわけではありません。これらは努力呼気、つまり一生懸命息を吐こうとする時に使う筋肉となります。

となると?

安静時には吐くために筋肉は使いません。

呼吸の中で吸う時は心拍数が高くなり吐く時に心拍数は下がります。

安静時に吐く時に筋肉は使わないのでリラックス状態にあるわけです。

ちなみに私たち人間は1日に2〜3万回呼吸しています。これだけの回数呼吸していることからもどれだけ呼吸が大切かわかりますよね。

呼吸が浅い人は腹式呼吸ができていない傾向にあります。喫煙等概的要因によるものもありますが、横隔膜が弱い、可動性が狭い。肋骨が出てるなど要因は様々です。呼吸が上手に行えてないと自律神経の乱れ、感情の起伏、疲れ、睡眠障害、パニック障害など様々な不具合が生じてきます。

ただ単に呼吸が下手。ならセルフで直す事も可能ではありますが骨格によるものもありますので骨格によるものだと施術が必要になってきます。

私たちにとってものすごく大切な呼吸。

1度意識して確認してみては?

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近眠れない。っていう悩みをお持ちの方。

自粛期間を得て、睡眠のお悩みを持つ方はものすごく増えていると思います。悩みを抱えたままお仕事に取り組まれている方も多いのではないでしょうか。 そんな方々のためによく眠れるように 睡眠の質を上げるためにすることをご紹介させていただきます。 1つ目は日を浴びること。 自粛期間に家の中で過ごす機会が増えると、日の光を浴びることもなくなる事があると思います。日の光は体内時計をリセットしてくれます。朝起きて

オフィスワーク・在宅ワークの腰痛

座りっぱなしの腰痛の原因とは何か。 座りっぱなしで起きる腰痛の原因は、股関節が曲がり続けている事による、股関節の前面の筋肉が緊張し、骨盤の可動域を制限してしまっている状態にあります。適度な緊張を保ち、骨盤をバランスよく保ってくれている股関節の前の筋肉ですが、本来。可動域があるような方でも、座った時間が多い事にあり、適度な緊張が保てなくなります。骨盤の左右差が生じてしまったり、骨盤の後傾ができなくな