生活習慣~睡眠編~第1弾

更新日:2020年3月24日

みなさん眠れてますか?

睡眠の質が悪いな。疲れが取れない。寝付きが悪い。

それ自分で自分の首を絞めている状態かもしれませんよ?

睡眠について第1回目という事でちょっとした雑学的なことをお伝えしようと思います。

人間は一般的には昼間活動し夜に休息をとりますよね。

人間のリズムってどのように管理されていると思いますか?

1日24時間に合わせてできてんじゃないの?って思いますかね。

ところがある実験によると人間の体内の1日の感覚を調べると25時間になります。

これから考えると1日1時間ずつずれちゃいますよね。生活リズムが崩れちゃいますね。12日生活したら昼夜逆転です。でもそんなことは基本的には起きません。

なぜ起きないのか。

1日のリズムをリセットしてくれるタイミングがあるわけですよね。

リズムをリセットしてくれるもの。それは陽を浴びることなんですね。

電気等復旧したのも人間の歴史からしたらまだまだ浅いです。となると日の出とともに起床して日の入りのタイミングで休息するという習慣が本能的にあるわけです。

このリズムを概日リズム(サーカディアンリズム)と言います。

朝起きても陽を浴びず活動をしない。または日差しを避けるような生活をしている人はリズムが崩れてしまいます。よって睡眠障害になってしまったりするわけですね。

朝起きたらカーテン開けて陽を浴びる。さらに30分から1時間程度散歩するのが理想的です。朝食や洗顔(冷水)なんかもリセットするきっかけになります。

一度モーニングルーティーンを見直してみては??


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近眠れない。っていう悩みをお持ちの方。

自粛期間を得て、睡眠のお悩みを持つ方はものすごく増えていると思います。悩みを抱えたままお仕事に取り組まれている方も多いのではないでしょうか。 そんな方々のためによく眠れるように 睡眠の質を上げるためにすることをご紹介させていただきます。 1つ目は日を浴びること。 自粛期間に家の中で過ごす機会が増えると、日の光を浴びることもなくなる事があると思います。日の光は体内時計をリセットしてくれます。朝起きて

オフィスワーク・在宅ワークの腰痛

座りっぱなしの腰痛の原因とは何か。 座りっぱなしで起きる腰痛の原因は、股関節が曲がり続けている事による、股関節の前面の筋肉が緊張し、骨盤の可動域を制限してしまっている状態にあります。適度な緊張を保ち、骨盤をバランスよく保ってくれている股関節の前の筋肉ですが、本来。可動域があるような方でも、座った時間が多い事にあり、適度な緊張が保てなくなります。骨盤の左右差が生じてしまったり、骨盤の後傾ができなくな