体温が低いとやばい!?

体温が低いとどんなリスクがあるのか。そもそも免疫力が下がることはなんとなくわかると思いますが、ちょっと風邪を引くぐらいならまだしも、もっと大きな病気にかかってしまう恐れがあるんですね。何かというと[ガン]です。癌細胞は低い温度になると活発になります。なので体温は高いほうがいいということですね。知っている人もいるとは思いますが、癌細胞は毎日のように体の中で作られています。どれだけ対策、予防できるかが大切です。今回は体温に絞りますが、一般家庭の食事なども大きなガンの要因になります。

さて、体温を高めるために、どうしたらいいか。一番簡単なのは筋肉量を増やす事です。体の中でエネルギーを生成、使う事によって体温は上昇します。走ったら熱くなりますよね。当たり前のことを言いますが、筋肉量が多ければそれだけエネルギーを必要とするので体温は高くなりますよね。

健康に気を使った食事。糖質、脂質、タンパク質この3つのバランスのみでは健康ではありませんよ。

本当の健康を知りましょう。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近眠れない。っていう悩みをお持ちの方。

自粛期間を得て、睡眠のお悩みを持つ方はものすごく増えていると思います。悩みを抱えたままお仕事に取り組まれている方も多いのではないでしょうか。 そんな方々のためによく眠れるように 睡眠の質を上げるためにすることをご紹介させていただきます。 1つ目は日を浴びること。 自粛期間に家の中で過ごす機会が増えると、日の光を浴びることもなくなる事があると思います。日の光は体内時計をリセットしてくれます。朝起きて

オフィスワーク・在宅ワークの腰痛

座りっぱなしの腰痛の原因とは何か。 座りっぱなしで起きる腰痛の原因は、股関節が曲がり続けている事による、股関節の前面の筋肉が緊張し、骨盤の可動域を制限してしまっている状態にあります。適度な緊張を保ち、骨盤をバランスよく保ってくれている股関節の前の筋肉ですが、本来。可動域があるような方でも、座った時間が多い事にあり、適度な緊張が保てなくなります。骨盤の左右差が生じてしまったり、骨盤の後傾ができなくな

スクワット講座

スクワットの代償としてよくあるのが膝の痛み! ではなぜ起こるのか。 膝の構造を見てみると、半周ほどしかないネジのような構造をしています。 直立した際にガッチリとハマるように構成されています。この作用をスクリューホームムーブメントといいます。人間は筋肉で重さを支えているのではなく、骨で支えています。直立しているときにきちんとハマるようにできている膝ですが、膝が曲がったときに大きな負荷がかかってしまう